2011年1 月

クロスカントリースキーフェスタのレース後、ボランティアのスタッフと話をしているとき、旭川市に「バリアフリーツアーセンター」が立ち上がったという話を聞きました。

「バリアフリーツアーセンター????」

そんな言葉を聞いたこともなかったのですが、利用されるどなたにもやさしいおもてなしで、段差等のバリアを無くしてしまうお薦めのホテルや料飲食店、観光施設を紹介するサイトだそうです。

カムイ大雪バリフリーツアーセンターはこちらから↓↓↓↓

http://kamui-daisetsu.org/

そのほかにもインターネットで調べると全国にこれだけのバリアフリーツアーセンターがありました。

伊勢志摩バリアフリーツアーセンターはこちらから↓↓↓↓

http://www.barifuri.com/

沖縄バリアフリーツアーセンターはこちらから↓↓↓↓

http://barifuri-okinawa.org/

佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターはこちらから↓↓↓↓

http://www.uresino.net/

山陰バリアフリーツアーセンターはこちらから↓↓↓↓

http://tekuteku-sanin.com/sbtc.html

ふくしまバリアフリーツアーセンターはこちらから↓↓↓↓

http://www.fukushima-bftc.jp/

松江バリアフリーツアーセンターはこちらから↓↓↓↓

http://pjui.com/barrierfree/

呉バリアフリーツアーセンターはこちらから↓↓↓↓

http://www.kuresc.net/ut/about/

 

この情報を旅行や食事などお出かけの際にお役立てくださいsign03

本日のクロスカントリースキーフェスタは、優勝しました。

Nitta_race (Photo by 勝呂陽一) 

年末に行ったジュニアキャンプの子ども達もこの大会に来てくれましたgoodまた今回は、日立ソリューションズの札幌支社の方、深川市のKさんも応援に来てくださいました。

Syuugou (Photo by 勝呂陽一) 
寒い中本当にありがとうございますhappy01

ちなみに、ある研究発表ではVo2Max(最大酸素摂取量)の測定で、1人で行った場合と応援された場合だと、応援された方が記録は良かったそうです。本当に応援の力は偉大です。

 

すこし話は変わりますが、冬季アジア大会が開幕しました。

昨年11月には夏季のアジア大会が行われ、実はその翌月にアジアパラリンピック大会が行われたんです。

一部の報道でアジアパラリンピック大会が紹介されましたが、なかなか情報が入らなかったというのが私の印象です。

でも、冬季アジア大会があっても、冬季アジアパラリンピック大会はありません。

これは冬季の競技がアジア大陸では普及していない証拠なのかもしれません・・・今回、ジャパンパラリンピック前に行われる講習会でアジア地区の選手・指導者が参加するそうです。

こういった機会をきっかけに、日本がアジア地区を引っ張り、より多くの国がパラリンピックを目指せるように頑張らないという気持ちになりました。

フィンランドから帰ってきて、久々に会った大翔は、少し大きくなっていました。

先日の写真撮影では、寝ている大翔をカメラマンの方が眼を開けた写真を撮ろうと試行錯誤。でも全く目が覚めず・・・そのため大翔の写真は、ほとんどが眼を閉じています。

もしかしたら大物になるかもhappy01なんて思うのは親バカですが・・・

私は、週末の大会に向けて東京を出発。東京は、温かかったので猫も日向ぼっこ。

猫が日向ぼっこ (猫が日向ぼっこ)

でも、旭川に着くと、正月に雪がなかった印象から、ようやく旭川らしい雪に囲まれた世界になっていました。

ようやく旭川らしくなってきました (旭川らしい雪の世界)
日中の気温も、-6℃。やっぱり寒いですcoldsweats01

今日は-14℃まで下がるそうなので、明日の大会はかなり冷え込みそうです。

  • 標準
  • 大きく

プロフィール

カレンダー

最新の記事

カテゴリー

バックナンバー

最新のコメント

最新のトラックバック

リンク