2011年7 月

2011年07月29日(金)22:18やっぱりスキーは楽しい!!

今週に入ってようやく、気持ちが前向きになってトレーニングを行っています。

やる気モードになったのはいいのですが、やっぱり休んだ影響はあります。

ソルトレイクからお世話になっているトレーナーの白戸さんに体を見てもらったところ、「う~ん、あまり状態はよくないねぇ。特に上半身の筋力と可動域が・・・」との見解。

ランニングを中心にトレーニングを行っていたので、走るほうは得意になってきたのですが、ローラースキーを行うと心肺は苦しくないのに、上半身のパワーが足りないような・・・と思っていたので同じ見解でちょっとほっとしました。

今日のトレーニングは荒川河川敷でのローラースキー。

rain模様の中でのトレーニングでしたが、自分なりに気持ちよく滑ることができました。

クロスカントリースキーを始めて、20年以上になりますがまだまだ課題だらけ。

でも、これだけの年数を重ねても、スキーは楽しいsign03と思える今日この頃です。

2011年07月24日(日)22:37心・技・体

「なでしこジャパン」が優勝して感動や勇気をもらって、そのときは頑張ろうと思っているのに最近の私はちょっとやる気のないモードが続いています。

「本当にこのままでいいのsign02」と自分自身も感じているのですが、なぜか退院してからこの状態が続いています・・・

今まで順調にトレーニングができていて、この調子でいけばいいシーズンを迎えられるかもしれないと思っていた矢先の入院。

すべてのイメージが崩れてしまって、ちょっと凹んでいる状態です。

そのような状態だからこそ、そのようなモードでも仕方ないかなぁと思っています。

私のなかで、競技者として1番大切にしていること。それは「心」です。

「少しでも強くなりたい。速くなりたい。上手くなりたい。」そのように思わなければやっていても意味がないように感じています。

「心・技・体」。この言葉はよく使われますが、なぜ「心」が一番先に来るのか?

それは、心が変わればすべてが変わるからだと思います。

心理学者のウィリアム・ジェームズはこのような言葉を残しました。

心が変われば、行動が変わる
行動が変われば、習慣が変わる
習慣が変われば、人格が変わる
人格が変われば、運命が変わる
運命が変われば、人生が変わる

だから今は自分の「心」とちょっと相談して、やる気が出るまで休憩中。

いつになったら、「やる気モード」になるかなぁcoldsweats01

2011年07月21日(木)23:10なでしこジャパンの優勝を見て

逆転での初優勝、本当に感動しました。

なでしこジャパンの優勝もうれしいのですが、地元の岡山湯郷ベルの選手が活躍してくれたことも本当にうれしいことです。

岡山湯郷ベルの本田 元監督(現在はU-19サッカー日本女子代表コーチ)には、講演での対談がご縁で、バンクーバーでのメダル獲得の報告をしたこともあります。

そんな監督に「おめでとうございますsign03」とメールを 送ったら、すぐに「あの子たちは本当にとんでもないことをやった。」と非常に喜んでいました。

ただ、「このメダル獲得をきっかけに、なでしこリーグの環境、強化体制つくり、選手の環境の整備など、今やらなければならないことがたくさんある。」というような言葉を含まれていました。

それは「女子サッカー」も「パラリンピック」も変わらないとこでもあります。

私もパラリンピックの環境を良くしたいと考え、様々な活動を行っていますが環境が急に変わることは難しいと感じたのも事実。ただその場で立ち止まってしまっては何も変わらないとも思います。

だからこそ私は、2014年のソチに向けて誰もやったことのない「大会の連覇」に向けて頑張ろうと思っています。

そしていつか、ほかの選手を激励するために「苦しいときは私の背中を見なさい」と言った澤選手のように自分に自信を持った先駆者になりたいと考える機会でもありました。

[写真]本田監督、GKの福元さんと【なでしこジャパンの福元選手と本田元監督】

  • 標準
  • 大きく

プロフィール

カレンダー

最新の記事

カテゴリー

バックナンバー

最新のコメント

最新のトラックバック

リンク