2011年9 月

2011年09月30日(金)05:21【自己評価基準】を作る

クロスカントリーの場合、自分がどこ状態なのかを評価することが難しい。

スキーが強い学校では、監督やコーチがそのような基準を持っているのかもしれませんが・・・

また、クロスカントリーだけでなく多くの障がい者スポーツでは、評価基準を作成することが難しいと言われています。

それは、人によって障がいの度合いが違うためですが、プロテニスプレーヤーの国枝慎吾選手が加盟している【日本車いすテニス協会】は独自の評価基準があります。

私も今シーズンから自分自身で判断できる【自己評価基準】を作っています。

その1つが1500m走です。

インターネットでオバホフを調べていると陸上トラックがあったので、今日タイムトライアルと行いました。

タイムは4分31秒。実はオバホフのトラックが345mだったため正確な距離ではないかもしれませんが、【Garmin405】のGPSで1.55kmだったのでほぼ間違いはないと思いますhappy01

午前中、ローラースキーでビデオ撮影をして、気になった箇所をスピードを上げながらチェックを行ったため決してベストな状況ではなかったのですが、今までの走力からすればここが妥当なところかもしれません。

タイムトライアルのあとは、1km4分00秒~15秒前後でペース走&ジャンプトレーニングを行いました。

IMG_2175
夜はSportSkiHalleでスプリントがあったので、ちょっと見学。

IMG_2181 【スタート前の様子】
レースはドイツチームの独壇場でしたが、何より印象的だったのが見学に来ていた子供たちです。

IMG_2184
コーチが、子ども達にドイツのトップ選手を見ながら技術指導をする。

そんな選手が、「いつかすごい選手になりたい」と目標にする。

レースがSportSkiHalleのように身近なところで行われるからこそできることなのなのかぁとも思いますが、やっぱり環境が整っているということがすごいと感じる機会でもありますcoldsweats01

すべてのレース後、帰ろうと思ったときに夕日がキレイだったので・・・camera

IMG_2189
明日のトレーニングも頑張ろうsign03

2011年09月28日(水)16:308時間ハイキング!!

 
ヨーロッパに来ると長期滞在をして、カフェをしながら本を読んだり、散歩をしたり、夜にはビールを飲みながらカードゲームをやったりと自分なりの時間を楽しんでいます。

オバホフでは、標高1000m前後の山々が連なっているので、ハイキングで様々な場所に行くことができます。

今日はLSDトレーニングの一環でハイキングに行ってきました。

わかりにくいと思いますが、緑色の部分を中心にハイキングができます。最長は80km。

IMG_2159
ハイキングの風景

IMG_2136
そして分岐点では、このように案内があります。

IMG_2137
案内板を確認しながら歩くこと約2時間。

ようやく隣町に到着したと思ったのですが、なぜかオバホフに戻ってきてしまいました。

6時間ハイキングを行う予定だったので、別のルートで・・・

軽食は持っていたのですが、昼食は山小屋でと思っていたのですが、その考えが甘かった・・・

歩いても歩いても食事ができるような場所がなく、なぜかアウトバーンのところに出てきてしまいました。

IMG_2142
途方にくれながら、更に歩いていると・・・トンネルが。

IMG_2146
渉子は「【千と千尋の神隠し】に出てくるトンネルみたいですねhappy01」などと言っていましたが、私の頭のなかは、「お腹が減った、早くなにか食べたい~restaurant」とばかり考えていました。

ようやく食事ができたのが、午後3時にスーパーマーケットのフードコート。

IMG_2151
さすがに疲れたので、笑顔もこんな感じです。

IMG_2150
遅めの昼食でエネルギーも回復。

残りはランニングとウォーキングを入れながら、2時間。

IMG_2154
IMG_2155

トータル8時間のドタバタハイキングでした。

次はもっと計画的にいかないとなぁcoldsweats01

2011年09月26日(月)03:30オバホフでのトレーニング

時差もかなり解消され、いよいよ本格的に強化モードです。

オバホフでは、スキー、ローラースキー、射撃、ランニング、筋力トレーニング、ハイキングなど様々なトレーニングを行うことができます。

今日は、渉子と一緒にポールランニング&ウォーキング。

ドイツに来てからちょっと身体のキレがなかったので、心臓に刺激を入れるインターバルトレーニングも途中入れました。

「久々に良いトレーニングができたなぁ」と思いながら、帰っていると・・・

IMG_2132
南天の実を発見sign03(違っていたらごめんなさい)

「ブログの写真に使えるかもhappy01」と思いながら写真を撮っているとき、頭の中で「【南天のど飴】って小さい頃良く食べていたなぁ。」とふと思い出し

渉子に「【南天のど飴】って知ってる!?」と聞くと

「なんですか。」との答えが・・・

地域も違うから売っていなかったのかもしれませんが、ジェネレーションギャップを感じてしまいましたcoldsweats01

そして南天の実を見た渉子が・・・

「南天の実って食べれるんですか?」

正直、そんな知識がなかったので「わからないけど、食べない方がいいと思うよ」と答えると・・・

「ブルーベリーだったら、食べながら帰れるのに・・・」と残念そうな答えが・・・

トレーニング中に、食べ物のことを考えるなんて渉子らしいhappy01と思う出来事でした。

  • 標準
  • 大きく

プロフィール

カレンダー

最新の記事

カテゴリー

バックナンバー

最新のコメント

最新のトラックバック

リンク