2016年5 月

2016年05月31日(火)20:17覚悟を決めて

久々のブログ更新です。約3か月・・・

なぜ、こんなにブログを更新しなかったのか・・・

一言でいえば、いろいろと悩んでいました。

 

前回のブログで踵にマメができてレース後血だらけ・・・

狙っていたレースだっただけに、不甲斐ない気持ちでした。

踵は10日間である程度動けるようになったのですが、気持ちが乗らない。トレーニングに対して集中できていない自分がいました。

 

それでも、すぐにフィンランドのワールドカップ最終戦。

スプリントクラシカルで表彰台には立てたのですが、

30㎞クラシカルレースでは、トップから10分近くつけられる惨敗でした。

 

表彰台に立てたことはもちろんうれしいことでしたが、海外選手の力を痛感させられたシーズンでもありました。

 

2年しかない状況で、海外の若手は順調に力をつけてきています。

ピョンチャンシーズンになると新人選手が突如として出てきます。

そんな中で、本当に対等に渡り合って、ピョンチャンで金メダルを獲得できるのか?

その覚悟はあるのか?そんなことを自分自身で考えると非常に苦しい時間でもありました。

 

ただ、時間は刻々と過ぎ去っていきます。

4月に若干の休養ののちトレーニング、5月は旭岳で残雪合宿、菅平で陸上合宿、体力測定、

そして今は富山県の立山で最後の残雪合宿です。

立山の宿舎には、オリンピックのナショナルチーム、企業チームが合宿を行っています。

ピョンチャンオリンピックに向けて挑戦している選手たちですが、そのハードルは非常に高いものです。

でも、少しの可能性を信じてトレーニングを行っている姿を見て、

私自身が「メダル」ということばかり気を取られていてはダメだと思い直しました。

 

とにかく、頑張った先に何があるか?

もちろんメダルが獲得できれば非常に良いことです。

けれど、獲得できなくても頑張った自分を褒めるだけのことはやらないといけない。

 

その覚悟を決めて、初心に戻ってスキーをがんばろうと思います。

1140972164[1]

  • 標準
  • 大きく

プロフィール

カレンダー

最新の記事

カテゴリー

バックナンバー

最新のコメント

最新のトラックバック

リンク