2012年12月13日(木)05:25 ワールドカップ第1戦【ミックスリレー】

2.5kmを4人でつなぐリレー。

バンクーバーのときは男と女がそれぞれチームを組んでリレーを行っていたのですが、ソチに向けて新たなリレー方式が取り入れられました。

それは、【ミックスクラス】と【オープンクラス】という2つのカテゴリーに分けられたリレー方法です。

ちょっと分りにくいので補足を・・・

もともとパラリンピック選手は、それぞれの障害によって係数をかけて順位を争います。

リレーは各選手の係数に

シットスキーの男子なら12%マイナス。

女子であれば17%マイナス。という計算方式で行われます。

なぜこの数値をマイナスするのかはよく分りませんが・・・

 

そして4人の合計の係数が

『330%以下』であれば、【ミックスクラス】

『370%以下』であれば、【オープンクラス】になっています。

 

走法は1走、3走がクラシカル。2走、4走がフリー。

日本チームは、ミックスクラスで出場し第1走者が久保選手、第2走者が太田選手、第3走者が私で、アンカーが出来島選手でした。

予定通り久保選手が粘って、3位で太田選手へ。

男女が混ざって争うので、太田選手は順位を落としてしまいましたが、なかなかの滑り。

2.5kmなので最初から飛ばして各チームの選手を抜いてトップで出来島選手に渡しましたが、最後に集団で抜かれ6位という結果に終わってしまいました。

それでも個人戦とは違い、想いやチームで気持ちの襷をつなぐリレーは非常に楽しかったです。

 

身体の動きも昨日より良かったように感じ、平均心拍数も昨日より追い込めました。

ただ、2.5kmならなんとかなりますが、距離が伸びてくると・・・

といった感じです。

 

午後はゆっくりとスケーティング。

久々のスケーティングのわりにはイメージも良く滑ることができたかなぁといった感じでした。

コースでは各チームの選手やコーチが滑っているのですが、印象的だったのはウクライナのコーチが楽しそうに滑っていることです。

以前ブログにも書きましたが、結果がすべての世界。

だからこそ結果を出すために頑張らなければならないのですが、「結果ばかりにとらわれてしまって、スキーを楽しむということを忘れてはいないか!?」ということを気づかせてもらいました。

 

明日はクロスカントリーミドルスケーティング。

とにかく頑張ります。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する

この記事へのコメントは終了しました。

  • 標準
  • 大きく

プロフィール

カレンダー

最新の記事

カテゴリー

バックナンバー

最新のコメント

最新のトラックバック

リンク