2012年12月 8日(土)03:57 寒さ対策

Vuokattiも徐々に気温が上がってきています。

といってもマイナスの世界ですが・・・

午前中のトレーニングを行ったときの気温が-16度。

昨日と10度違うので、「あぁ、暖かいなぁ」なんて思ってしまうのは、スキーヤーならではの感覚なのかもしれません。

基本的にトレーニングをしているときは、オーバースーツを着ているので汗をかきます。

それでも寒いときはいろいろな対策を応じます。

IMG_2864
まず右上が、「ネオパスタノーゲン」という消炎鎮痛剤です。

唐辛子やハッカ油の成分が入っているため、肌が直接風にあたるのを防いでくれています。

実はスキー部を応援してくれているH部長から、「ちょっと使ってみたらsign02

ということでプレゼントしてもらいましたhappy01

ありがとうございます。

そして次が右下の「Buff」。

伸縮素材を使っているので、私はバンダナとして使っているのですが、

寒くなるとマフラーやフェイスマスクの代わりに使っています。

いろいろなデザインがあるので、かなり使っています。

そして最後が「オーバーブーツ」。

その名の通りスキー靴の上から着用するのですが、少しだけ指先の冷えを抑えてくれます。

 

レースのときはワセリンやテーピングなどでできるだけ風を肌に当てないように工夫をしますが、寒いときは寒いので我慢するのが1番・・・delicious

 

明日は試合前に一度心肺機能をあおる為に、スピードトレーニングを行う予定です。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する

この記事へのコメントは終了しました。

  • 標準
  • 大きく

プロフィール

カレンダー

最新の記事

カテゴリー

バックナンバー

最新のコメント

最新のトラックバック

リンク