2012年12月19日(水)06:45 Vuokattiの洗礼

大会最終日はバイアスロンのロング。

この種目には出場しないので、肉体と心肺機能に刺激を入れようとインターバルを行ったのですが・・・

朝食のとき、外気温を見ると「-16℃」

昨日の天気予報では「下がっても-12℃だったのではsign02」と思ったのですが、自然相手のスポーツ。

仕方ないと諦めてトレーニング。

 

ウォーミングアップ後、江野選手と一緒にインターバル。

スピードトレーニングだからレーススーツでやろうと服を脱いでいると・・・

いろいろな選手から「クレイジーだsign03」といわれましたが、

「Intensity(きついトレーニング)」だから温かくなるからいいやと思ったのですが失敗しましたcoldsweats01

 

まず最初に、タイムトライアル。

そのあとタイム差をつけてスピードトレーニングを行ったのですが、1回目のタイムトライアルで思った以上に差がついてしまってかなり待ちました。

そのときはあまり感じなかったのですが、時間が経過すると共にボディーブローのように寒さが身体を蝕んでいきました・・・

本来ならインターバルが終わった後はクールダウンを行うのですが、今日はそんなことをやっている余裕がないくらい寒いsnow

特に末端の感覚がドンドン失われていきます。

「これはまずい」と思い、江野選手と一緒に暖かいワックスルームへ。

ワックスルームに入った瞬間、思わず「あぁ~」と叫んでしまいましたhappy01

なかなか指先の感覚が戻ってこなかったのですが、20~30分後になんとか・・・

 

そんな中で今日レースを行った、日本の選手、そしてスタッフの皆さん、極寒の中本当にお疲れ様でしたsign03

 

いよいよ、日本に帰ります。

日本でなにを食べようかなぁrestaurant

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する

この記事へのコメントは終了しました。

  • 標準
  • 大きく

プロフィール

カレンダー

最新の記事

カテゴリー

バックナンバー

最新のコメント

最新のトラックバック

リンク