2016年06月 8日(水)22:32 ステップアップ

本日、36歳を迎えました。

育ててくれた両親、そして地域や環境に感謝する日でもあります。

本当にありがとうございます。

 

さて、そんな記念すべき!?日でも、トレーニングです。

昨年度から体力測定では、パラリンピック選手も国立スポーツ科学センター(JISS)で

行うことができるようになりました。

ただ、測定した数値や動きをもとに競技力向上のための、

ストレングスコーチに継続的に指導してもらう段階までではありませんでした。

ただ、条件を満たした選手に関して、徐々にではありますが、

オリンピック選手同様に指導を受けることができるようになってきました。

 

そして今日は2回目の指導日だったのですが、まずは測定ということで

スクワットやジャンプ、懸垂などの基礎体力測定でした。

ここでショックだったことが・・・

3ステップジャンプ(両足で踏み切って、右、左、両足着地)を行ったのですが、

右足は問題なかったのですが、逆足は全然力が入らない。

左足がジャンプしていても前に行かない・・・

おまけに、片方の足で3ステップジャンプにいたっては、

左足だけのジャンプは非常に動きがぎこちないという状況でした。

 

正直、恥ずかしかったのですが、

スキーの動きでも同じことが言えるのかなぁと考えさせられる部分でもありました。

右手一本でストックを押すことで、左足はそれほど使わなくても

進むという感覚になってきたのかもしれません。

右足のほうがバランスを取りやすい。ということかもしれません。

 

長年のクセというものは簡単に治るわけではありませんが、

今回様々な測定を行うことで強化しなければならない部分を気づかせてもらう日でもありました。

 

両足が左右均等にバランスが取れて、上半身のパワー、動きの連動が

上手くいくようになればもっと競技力を向上することができる。

前向きにさせてもらえる1日でした。

 

明日からピョンチャンに行ってきます。

DSC_2206

 

トラックバック

コメント

コメントを投稿する

この記事へのコメントは終了しました。

  • 標準
  • 大きく

プロフィール

カレンダー

最新の記事

カテゴリー

バックナンバー

最新のコメント

最新のトラックバック

リンク