2018年09月18日(火)04:57ラムサウ合宿

今年もラムサウ合宿で合宿中です。

社会人1年目から来ているので、もう15年目です。

いつもは夏場のトレーニングをスキーにつなげることができているか?

ということをチェックするために来ていますが、

今年はいつもと少し様子が違います。

 

今年は氷河に雪がないため、雪が降るまでローラースキーなどの陸上トレーニングしかできません。

ラムサウの来る前に氷河でしっかりとトレーニングができるように、低酸素トレーニング室で高所順応をしてきたのですが、

天候はコントロールできないので仕方ありません。

それでもトレーニング室での効果を感じることができたことだけでも良かったと前向きに考えています。

 

基本的に午前中はローラースキー。

クラシカルは安定の技術。

そして問題⁉のスケーティングですが、徐々に良い感じになっていると思います。

だから今はスケーティングの方がいろいろな発見があり楽しいです。

IMG_2362-17-09-18-09-23

 

そして今日の午前中は登山でした。

IMG_2386-17-09-18-09-35

日本と違って岩山です。

この山を見るとやっぱりヨーロッパに来たなぁと思ってしまいます。

 

長濵さん、向宏大くんと共にスタート‼

とりあえず、登りをひたすら耐えて登ります。

IMG_2390-17-09-18-09-23

そして高低差約1000mの道のりを耐えると・・・

IMG_2392-17-09-18-08-24

山小屋に到着です。

写真でもわかるように実はまだ山頂ではありません。

ただ、山頂を目指す程重装備ではなかったことと、

午後から天候が崩れる可能性があったので、今日はここまででした。

 

そして山小屋でコーヒータイム。

IMG_2391-17-09-18-08-23

標高2116mでのコーヒーは最高でした。

おまけに一杯3€と良心的な値段にもビックリ。

 

苦しいトレーニングの中にも楽しさ、発見を求めて明日からもトレーニングを頑張ります‼

2018年08月29日(水)07:04ドイツ~岡山~青森

前回のブログからまたずいぶん更新していなかったので、少し紹介を・・・

ドイツでの約10日間のトレーニングは成果も感じつつ、やはりまだまだレースにでるような状況ではありませんでした。

4月から6月まで本格的にトレーニングができていなかった状況ではありましたが、

悪くないかと・・・

 

正直、「トレーニング」=「強くなる」ということは間違っていない間違っていないと思うのですが、

何が良くて、何が悪いのか。この年齢まで競技を行っていますがまだまだ理解できていない部分がたくさんあります。

 

いろいろなことを考えながら帰国。

翌日に子供と一緒に岡山に帰省しました。

父親から7月の西日本豪雨の状況を聞いてはいましたが、

1ヶ月近く経過しても被害の状況を感じざるを得ない状況でした。

少なくとも自宅の目の前にある川の形状が大きく変わり、水の流れも変わっていました。

川には水が溜まりボウフラが発生しそうな場所もあったのですが、

誰も手が付けられない状況だったので少しだけボランティア活動。

石を取り除いたり、埋めること3時間。

少しだけきれいになったように思います。

 

子供たちはメダカ、ヤモリ、さわ蟹などを捕まえて楽しんでいました。

東京ではできない経験を西粟倉村でできることこそ、

僕が子供たちに伝えられることの1つかなぁと思っています。

そしてお盆のタイミングで帰省したので、久々に小中学校時代の同窓会に出席しました‼

IMG_2340-29-08-18-12-29

年齢を重ねて住むところも環境も違う中、

いろいろな話で盛り上がりました。

ただ、昔と少し違うのは子供の話が中心だったこと。

やはり年齢を取ったなぁ。なんて思うタイミングでしたが、

別に年齢を重ねたから悪いわけではありません‼と信じています(笑)

企画してくれた友人に本当に感謝です。

 

帰省と共にトレーニング、そして美作市、津山市で講演させていただきました。

 

そして今は青森県野辺地町で合宿中です。

その様子はまたすぐ⁉ブログに載せたいと思います。

2018年08月 8日(水)20:2910周年

2018年8月8日で結婚10周年です。

10年前の今日、妻が婚姻届を区役所に提出しに行ったとき、

私はニュージーランドで合宿中でした。

 

そして10年後の今もドイツで合宿中です。

 

選手を続けられているのも、妻がサポートしてくれているからできることです。

そして息子たちも一緒にいたい気持ちを我慢してくれています。

長男はいつも合宿や遠征のたびに泣いています。

それだけ優しい気持ちを持っている長男。

けれど次男は全然さみしさを感じないけれど、

保育園の先生に「お父さんが帰ってくるんだ~」と嬉しそうに話してくれているそうです。

 

毎日⁉といってもほぼいないので、少ししか家族のことをわかっていないけれど、

ケンカも多く、私や妻に怒られることも多いけれど、

家族4人で同じ時間を過ごすことができていることに感謝しています。

 

日々の生活が当たり前のように過ぎていくのですが、改めて日常的な生活を過ごすことができていることに

感謝する日にもなりました。

 

そしてこれからもチーム新田をよろしくお願いします。

IMG_1108-03-03-18-08-25

  • 標準
  • 大きく

プロフィール

カレンダー

最新の記事

カテゴリー

バックナンバー

最新のコメント

最新のトラックバック

リンク